アンガーマネジメントってご存知ですか?

女性向け

こんにちは あなたを成婚に導く婚活カウンセラーの愛田 純也です。

先日、これまで関心のあった日本アンガーマネジメント協会の「アンガーマネジメント入門講座」を受講した関係で、これ婚活者にも知って欲しい!と受講中に感じた為、今回は、「怒りのコントロール」についてお話ししたいと思います。

アンガーって「怒る」って意味でしょ?!

婚活に関係ないじゃん、と思われる方もいるでしょう。

しかし、内容はもっと深くて、仕事だけでなく人生婚活にも活用できる内容なため、今回はアンガーマネジメントを切り口に、お話をしたいと思います。

アンガーマネジメントとは(基礎知識)

アンガーマネジメントとはあ、怒りという感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングのことで、米国では学校や幼稚園でも導入され1970年代から行われています。

世間一般では、誰かに腹の立つことを言われてイラっとしても、すぐに言い返さないで「6秒我慢」すれば怒りが収まり冷静になる。ということで、このアンガーマネジメントの理念の一端はよく知られています。

講義を受けていて、衝撃というかびっくりしたのが、アンガーマネジメントというのは、「怒らなくなること」が目的ではないということです。

怒って良いのです。

ただし、
怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らなくてすむようにすることが目的です。

婚活にも大いに活かせます!

育った環境が異なるのが男女

婚活やその後の結婚生活では、もともと育った環境の異なる二人が一緒に暮らすことになる」のですから、様々なルールや許容範囲(許せる行為とNGな行為)があります。

さすがに、もう十分な大人の男女ですから、いまさら自分を変えるというのは難しく、ストレスを感じることが多いのが実情です。男女の考え方・捉え方の違いも数多くのGapと勘違いを生み、ケンカの原因になります。

そこで、アンガーマネジメントを学べば、無用の衝突も険悪な雰囲気にもならず威力を発揮します。

婚活には、相手との円滑なコミュニケーションが問われますから、アンガーマネジメントを身につけると大いに役に立ちます。

相手の気持ちが分かるようになる

相手の話しに耳を傾けましょう

アンガーマネジメントを学ぶと、婚活時、デート時などでも「相手の話し」を傾聴するようになります。

人って、基本的に自分の話しを良く聞いてくれると嬉しい生き物ですよね。

相手からすると、ふむふむと「よく自分の話しを聞いてくれて、なんて素敵な人なんだ」と思います。

結果、相手の気持ちも分かり自分に好感を抱いてくれ、まさに一石二鳥です。

緊張のせいか、つい自分のことばかり話してしまう人ほど、この「傾聴する」という行為を取り入れてみてください。

大切な人と良好な関係を保つために

ケンカは相手を理解する努力不足が原因

アンガーマネジメント協会の理念に「怒りの連鎖を断ち切ろう」とあります。

アンガーマネジメントを習得すれば、誰かに怒られたとしても、自分でそれをコントロールし解消できます。これが「怒りの連鎖を断ち切る」という意味です。

では、逆に、怒りが連鎖するとどうなるのか?

怒りの感情は身近な対象ほど強くなる性質があるため、怒りを爆発させてしまう対象が家族になってしまうおそれがあります

つまり、アンガーマネジメントができないと、夫婦や子どもに、理由もなく、怒りをぶちまけたり、傷つけてしまう事態になってしまう可能性があります。

怒りの根っこにある、「不安、つらい、さみしい、苦しい、悲しいなど」の一次感情を相手に聞くことで、関係は深まり強固になります。

さいごに

ぜひ、ご関心のある方は、日本アンガーマネジメント協会の入門講座か同協会が発行している書籍をAmazonで購入して一読しましょう。

「アンガー」と呼んでいますが、怒りだけでなく、人間の心理を学ぶ内容で、コーチングと並びこれから日本でもあらゆる分野(ビジネスやスポーツ、家庭、育児などで)主流になるのは間違いないでしょう。

特に、昨日と同じ今日を過ごしている人ほど、考えを改めるよい機会になりますのでオススメです。
新しい知識を得る努力を怠ると、人生は変わりようがありません。
考えが変わらないと、行動が変わらないからです。

ちょうど、猛暑ですので、自宅にひきこもるなら、
お相手探しと自身の知識のブラッシュアップをしてみると、よい休日を過ごせるのではないでしょうか?

婚活サロンSmile浦和
婚活カウンセラー 愛田 純也

愛田 純也

10,832 views

婚活サロンSmile浦和はこんなところ!→ ★「婚活サロンSmile浦和」は、埼玉県さいたま市浦和区にある結婚相談所です(IBJ正規加盟店)。 ★当結婚相談...

プロフィール

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINE友だち追加

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。