入会を断られることもありますか?

結婚相談所のお仕事

A:入会を希望した全員が入会できる訳ではありません 。
  残念ながら入会審査で入会をお断りする場合があります。

入会を希望すれば誰もが入会できる訳ではありません

最近の婚活事業として、婚活パーティーやマッチングアプリの利用者が増加しました。婚活がしやすくなっている一方で、結果的にいい人に出会えず、結婚相談所の利用希望者も増加傾向にあります。 
 
実際、残念ながら入会をお断りする場合も少なくありません。
下記の理由で、成婚へ導くことが難しいと判断した人は、ご本人のためにも入会をお断りしています。
 
入会、活動には安くない費用が発生するので、当然「結婚」という結果が求められるからです。

それでは以下の3つの理由をご説明します。

1.年収が300万円以下の人

所得の低い男性は入会できません

結婚相談所に入会した女性会員は、お相手の男性を選ぶ際に、年収を条件に検索します。IBJの検索条件では、希望年収の項目があり、300万円未満は検索されません。
結婚後の経済的な不安から結婚相手の対象から外してしまう女性がほとんどです。
年収による入会制限は入会規約に明記していませんが、低年収の男性は入会後にお見合いを組むことがほぼ出来ないため、お断りする場合があります。

2. 自分に合っていない希望条件の人

似たもの夫婦が居心地よし

あまりに自分に不釣り合いな希望条件を求める人は、入会をお断りしています。

例えば、
40代後半の底年収の男性が20代女性を希望されたり、
高卒アラフォー女性がお医者さんを希望されたりする場合です。
入会前の無料相談の際に、厳しい旨をお伝えしますが、それでも「頑なに希望条件を変えようとしない方」は、こちらからお断りさせて頂くことがあります。
 結婚相談所は多くの会員さんからお相手を選ぶことができますが、お相手も同様に選べるのです。
「希望条件の人から自分が選ばれるのか?」という視点の持てない人、自分自身の考え方を変えることを拒む人は確実に上手くいきません。

3. 結婚願望が低い人

本気でない人

結婚相談所の無料相談にお越しになられたにも関わらず、結婚願望のない人、婚活にやる気のない人は少数ですがいます。
例えば、親に言われて来店したという方です。
ご本人にやる気がなければ、残念ながらうまく行きません。
また、
今すぐ結婚したいわけではないけど、いまの内に婚活しておいた方が良いかな?と考えて来られる方も同様にうまくいきません。

まとめ

結婚を希望されるすべての人に結婚相談所を利用して欲しいという思いはあります。
しかし、 安くない費用をお支払い頂き、 入会後に成果が出ないと感じる人に、入会してもらうわけにはいきません。ご本人の時間を奪いお互いにメリットがないからです。
弊所では、一方的にお断りするわけではなく、婚活が難しく、ご本人の努力が必要なことをその理由とともにご説明して、それでも頑張るという方には入会をして頂きます。
婚活においてご不安に感じる方は、ご入会後、弊所の婚活カウンセラーに何でも質問してください。あなたを成婚に導きます。

愛田 純也

9,698 views

(当相談所について) 「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店で...

プロフィール

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。