#16休日が合わないとデートできないのか?

女性向け

みなさん こんにちは。
婚活カウンセラーの愛田 純也です。

今回は、

仕事の休日が合わないと、お付き合いはできないのか?

についてお話ししたいと思います。

結論から先に言うと、「休みの日が合わなくてもお付き合いはできす。」

根拠はなに?

といわれれば、

私自身が妻と休みがまったく休みの日が合っていなかったから」と答えます。

当然「仕事の休みが合わないこと=性格が合わない」
ではないので、
休みの日が合わないことを理由に、デートをしなくなるというのは単なる言い訳です。日程調整が面倒なことの釈明にすぎません。面倒だからは、そんなに相手のことが好きではないということです。

むしろ、
デートするチャンスが少ないからこそ、
デートしようと必死に予定を組んだりした方が上手くいくでしょう。

オーバーに言えば、有給を取ってデートしてもOKです。
生涯の伴侶のため、それくらいしてもいいんじゃないでしょうか?

一日フルにデートすることがベストです

私のケースでイメージしてみてください。

一応成功例なので(笑)

当時、
私が土日祝休み(一般にいうカレンダー通りの仕事)をしていて、
妻は旅行業界でシフト制でした。
基本水曜日がお休みで、一番接客に忙しい土日祝は仕事をしていました。

ではいつ、デートしたのか?

というと、
私が水曜に有給を取って、一日デートしたり、
妻の休みの日が分かり次第、代休をそこに充てて一日デートを繰り返しました

勤務地は当時、
東京と埼玉でしたので、
仕事後にも会えなくもなかったのですが、
時計を見ながら時間を気にしてデートするのは、お互い好きじゃなかったので、仕事後の「ちょこっとだけデート」は敢えてしませんでした。

今振り返ると、やはり
一日時間を気にせずデートした方がお互いの気持ちが育ちます。

仕事かデートのどちらを優先すべきか?

結論はもちろん、デートです。

勤務先や職場環境により、なんとも言えないのですが、
会社の変わりはたくさんありますが、好きになった人の変わりはいません

であれば、どちらを優先するべきでしょうか?

答えは明白ですね。

私見では、
有給がとりにくい勤務先ならば、(ウソの)病欠で会社を休んでまでしても
私はデートを選びます。

仕事の挽回はいつでもできますが、デートの挽回は不可能です。
やり直しはできません。

残念なことに、極論を言えば、
あなたの仕事の変わりになる人材は現実にはたくさんいるので、
そんなに義務感をもって企業に「自分の時間を」費やさなくても良いです。

*人手不足なりで「そこに身体がいないといけない職務があること」も理解しています。
ただし、責任感が強いのか、社会に刷り込まれたのか「自分がいないと」と思い込む悪い人が多いのが残念です。
あなたが休んでも、仕事(組織)は回るよう出来ています。
そのための集合体ですので、企業勤めの人は気にせず有給休暇を取りましょう!

特に婚活をしているのであれば、なおさら優先すべきは婚活です。
仕事を犠牲にしてまでも、「デートする!」というくらいの気持ちがないと
いつまでも婚活は終わりません。

それよりも「一瞬の犠牲を払い」、短期で婚活を済ませたほうが、長期的に見て合理的です。
仕事なら婚活成功後に、たっぷりして勤務先にお返し(お礼)すればよいだけです。

婚活はタイミング命であることを肝に命じて、がんばりましょう!

婚活サロン Smile浦和
婚活カウンセラー 愛田 純也

愛田 純也

9,596 views

(当相談所について) 「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店で...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。