#53 婚活疲れを癒す方法を体験

女性向け

ニュースなどでずっと気になっていた「マインドフルネス」
先日浦和でマインドフルネスの実践講座があったので、ここぞとばかり速攻申し込んで、参加してきました。

もともとは米国のMITで医療分野での活用を目的として「マインドフルネスストレス低減法」を開発したのですが、
アップルやグーグルなどの大企業が社員研修の一環としてマインドフルネス瞑想を導入したことで日本でも知名度が高まりました。

マインドフルネスは瞑想・呼吸法で習得する

仕事の生産性向上

仕事効率(生産性の高い)のアメリカが、貪欲に生産性を高めようとする意欲はほんとすごいなぁと思います。

完全に世界から取り残された元先進国の日本の企業こそ、
週休3日、在宅ワーク、マインドフルネス、会議の進行の仕方など積極的に導入していかなければならないのに、保守的な国民性が足かせとなっているのは明白ですね。
欧米との差はもう解消できないところまで来ています。
外国人の某ジャーナリストが「日本人の危機感のなさは病的に異常だ」と言っていたのが脳裏から離れません。

マインドフルネスとは?

頭を「無」にする

さて、
マインドフルネスとは、「今、この瞬間を大切にする生き方」と定義されることがおおいですが、あまり難しく考える必要はありません。

ポイントの一つは「考えないこと」です。

無意識に人間の脳はあれこれ考えてしまっていて疲労します。
パソコン(CPU)が水面下で膨大な処理をし続け入る感じで、これでは疲労感は抜けません。

何も考えず、瞑想(呼吸法)を取り入れることで、脳内に空きスペースができ、瞑想後仕事の処理能力が上がります。

婚活にもマインドフルネスは有効

次に、「いまを意識する」ことです。

「いま」にフォーカスすることで、過去のモヤモヤや未来への不安が低減しストレスが減ります。
心が穏やかになり、ゆったりとした落ち着いた心で婚活に集中できるようになります。

マインドフルネスを経験して

素早く吸って、ゆっくり吐くを繰り返す

一日5分程度瞑想(呼吸法)を、ストレスが多いなを感じたとき実践しています。
始めて1週間ほどですが、頭がリラックスして、集中力がupし、こころが安定したように実感しています。
今後自分がどう変化していくのか、わくわく。

何事も継続しないと、その効果ははっきり認識できないものですが、一日の慌ただしい中でも「毎日たったの5分」は時間をとることはできるでしょう。

マインドフルネスの方法

最も原始的で最も有効なのが深呼吸

講座でいくつか方法を教わったのですが、個人的にやりやすい方法は2つでした。

方法1:右の鼻を押え、左の鼻で呼吸し、左の鼻を押え、右の鼻で息を吐き出す。右の鼻で呼吸し、右の鼻を押え、左の鼻で息を吐き出す。を5分間続ける方法

方法2:4秒で息を吸い、7秒止め、8秒かけてゆっくり息を吐き出す。これを5分間行う。

ほかにもいくつか瞑想(呼吸)法はありますが、オフィスや出張中の新幹線などでは、この二つが周りの迷惑にもならず有効でした。

マインドフルネスの医学的な効果

自律神経は見過ごされがちですが大切です

うつ病などの精神治療(精神的)に有効ですが、交感神経が整うことで、身体的も有効なことが証明されています。

マインドフルネスの瞑想・呼吸法を習得するのに、色んな教材が出ていますが、実際に私のように体験教室などにいくなどして正しいやり方を指導してもらうと、その後も継続しやすいし効果が出やすいでしょう。

マインドフルネスの長所・短所

椅子に座ってやるといいでしょう

長所は上述したとおり、リラックスでき、集中力が高まり、心が穏やかになることなど多数あります。

タダで、いつでもどこでも取り入れることができるのも大きな長所といえます。

他方、短所は特にないと思います。

以上、マインドフルネスについて経験談を書きました。

仕事やよりよい人生を送る手助けになるマインドフルネス

ぜひ取り入れてみてください。
特に婚活は「心の折れる」毎日を過ごすことになるので、少しでも疲弊せず、リラックスした状態でいたいですね。

マインドフルネスで心を安定させ、婚活メソッドを弊所で学ぶというのが、婚活成功の最短ルートかもしれません。

婚活サロンSmile浦和
婚活カウンセラー 愛田 純也

愛田 純也

9,596 views

(当相談所について) 「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店で...

プロフィール

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。