#58 結婚してから気づいたこと

愛息子
女性向け

婚活サロンSmile浦和の愛田です。

ひとりぼっちはさみしい

うざいクリスマスも終わり、安堵している婚活者も多いことでしょう。
次はお正月ですね(笑)良かったですね

さて今回は、緩~い雑記ブログにします。

クリスマスイブ=結婚記念日

クリスマスイブに入籍したので、我が家はクリスマスイブと結婚記念日が同日で忙しかったです。

2つの祝いを同時に祝うので、プレゼント予算は「半分」でとてもコスパが良く、自分なかなか賢かったなと昨日も思いました(笑)

結婚する前には想定・想像していなかったことが起こるのが結婚

結婚しても3組に2組は離婚するというのも、お互いの理解不足もありますが、多くは認知・勘違い・思い込み・自分を変えられない弱さに原因があります。

特に自分を変える勇気を持ち、自分に自信を持てないと様々な困難な局面をネガティブに捉え結婚生活は破綻するのは明白です。

できれば、
婚活時から弊所のようなプロの心理カウンセラーがいる結婚相談所で婚活すれば、成婚はできるし、結婚後も夫婦関係が上手くいくので、一石二鳥!!

さぁ あなたも早速弊所に入会しましょう! 

現在入会費用が安いキャンペーンをしています 詳しくは→ こちら

さて、本題です(^。^)

結婚してから気づいたこと(男性目線から)

近所の公園_澄んだ空気

・最初は新鮮だが、時の経過とともに空気のような存在になる

 結婚前は待ち合わせ場所と日時を決め、服装など身だしなみを整えてデートしますが、結婚すると同じ家に一緒にいるので、ドキドキ感は薄れる。
 前向きに捉えると、「空気」のようになくてはならない存在になります。

・すっぴんの妻を毎朝見ることになる

 上に書いたように、デートのようにお化粧をした状態ではなく、いわば「裸」の状態で毎日接するので、かっこつけたりしなく、自然体でいられる。

子育てが忙しいと化粧が手抜きになる(笑)

・嫁が私の前でおならをするようになる

 私の存在に気づいていないのでしょうか。
 羞恥心はどこかにいってしまったのか。
 それとも気づいていて安心して屁をこいてるのでしょうか。
 理由はわかりませんが、たまに不安を覚えます。

・男性は結婚指輪をしていると、仕事の信頼性が高まる

 結婚してからの方が、会社で仕事をしていてお客さんからの信頼が厚くなったと実感しています。
 やはり結婚していると、「人としてまとも」・「包容力がある」・「経済力がある」など、周囲が勝手にいいイメージをもってくれるので大変助かります(笑)

女性の指輪は憧れ、男性は実用面で効果あり

・妻が直球勝負をしてくる

 結婚前に“可愛ぶっていた”感=お互いをけん制している感じはなくなり、ストレートに意見するようになりました。
 これも前向きに捉えると、飾らない(忌憚のない)意見を言ってくれているので、ストレス発散にもなりますし、本音も聞けるので良い傾向だと思っています。

子供が産まれてから気づいたこと

大切な存在

・うんち(異臭)と鳴き声(騒音)に慣れる

 慣れると自宅にいないと寂しく感じるようになりました

・他人の子が騒いでも嬉しく感じる

 独身の時はベビーカーを発見すると、隣の車両に移動するほど、子供(騒音)から逃げていました(笑)

・妻がたくましくなる

 本人いわく「女は分娩室に置いてきた」とのこと。

・子育てにお金はほとんどかからない

産まれる前に懸案だった子育てに関するお金は、実際産まれるとほとんどかからないことが分かりました。

(出産時) 
出産時には国などからの補助で出産にかかる費用は、感覚的にはほとんどゼロ円です。

(教育資金)
子供名義の銀行口座を作り、育児手当を積み立て、大学入学前には200万円ほど貯まります。
これだけだと足りないので、積立NISAを月8千円積立て大学入学時には200万以上にはなるので計400万円で大学は卒業できそうです(親の最低限の務め)。
大学にいかなければ教育資金もいらないに等しいので、ここも心配無用。

(医療費)
他に医療費は住んでいる浦和はタダ(自治体による)なので、お財布なしで医者に連れていけるし(薬代は別途、安いけど)、
お金が少しかかるのは保育園とおむつ、食事代くらいです。しかもどれも少額です。
お父さんがタバコや酒を止めればその浮いたお金で十分足りる額です。
私は子どもが生まれる前にお酒を止めて、それだけでも月2~4万円は浮きました。健康診断でオールAも取れたし、断酒はおススメです。

(衣食住費)
服などは親戚やママ友などからお古でもらったりで実質ゼロ円。

(習い事や塾の経費)
今後、習い事や塾などで高額なお金がかかるでしょうが、これらは任意なので、家庭によります。

我が家は塾には通わせないと決めているのでゼロ円です。
自ら勉強するよう教育しているので、親の仕事は本に興味をもってもらうよう読み聞かせをすることくらいでしょうか。
私自身年間40~50万円分の本(政治経済・歴史・法律・心理学などの専門書)を買って読んでいるので、子供ができてから絵本も好きなジャンルになってきました。

学校の勉強を不十分にして塾に行くのは非効率です。
時間と体力とお金の無駄。
親が安心感を買うため活かせるのでしょうが、子のためになりません。
志望校の過去問さえあればどんな学校でも合格できます。
少子化なのでなおらさ競争はなくなるでしょう。

クリスマスに妻にプレゼントしたひとつにアドラー式の教育書があるのですが、字の読めない息子が自分でその教育書を手にしています(笑)
なんて賢い子だろ
育児が超ラクや(笑) 自分で自分を教育するって最先端かも

・妻のご両親や兄弟と仲良くなる

結婚前にはさほど考慮していませんが、結婚すると、親御さんの体調不良や我が子を預かってもらったりと、色々と交流が盛んになります。

相手の家族と心から打ち解けられると、こちらの夫婦生活も充実するのでとても大切です。
幸い、我が家は妻の家族は、”本当のお父さんお母さん”、”兄弟”のように感じていて、相手も同じように想ってくださっているようなので、とても幸せな状況です。

以上、いかがでしたか。
少しは参考になる情報はありましたでしょうか?

子は日々成長、親も成長させられます

もうちょっと書きたかったのですが、また思いついてまとめてからブログにしたいと思います。

それでは良い木曜日を!


婚活サロンSmile浦和
婚活カウンセラー&心理カウンセラー
愛田 純也

愛田 純也

10,663 views

【当相談所について】 ★「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店...

プロフィール

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINE友だち追加

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。