# 61 理論上、失敗というのは存在しない

失敗もあり
女性向け

YouTubeが好きで、よくBedにごろんとしているときに趣味のカメラや歴史モノなどの動画を観ているのですが、たまたまキングコングの西野さんが近畿大学の卒業式でスピーチしていた動画を見つけ、観たら感銘を受けてしまいました。

以下、キングコングの西野さんのスピーチを主に、心理学者アドラーの崇拝者である私のちょい付け足しで、「理論上、失敗というのは存在しない」について解説してみたいと思います。

理論上、失敗というのは存在しない

失敗と思われたその時点で立ち止まらずに、成功までやれば、振り返ればその失敗は単なる上手くいかなかった出来事に過ぎず、今の成功のために必要な経験であったと分かる。

つまり、

理論上失敗というのは存在しないのだから、挑戦してください。

あなたならできる、きっとできる

ここで、
成功するまで試行錯誤して進めればとあるが、
誰もが成功する訳ではないのだから、成功者の自慢話し、きれいごとに過ぎないのじゃないか?という反論も当然一部の人が非難するでしょう。

しかし、

考えてもみてください。

乗り越えられない壁など、人生において難病などごく一部しかなく、ほとんどすべてのことは正しいやり方で、くじけることなく、前向きに執拗に取り組めば、成功することがほとんどのはずです。

過去や周囲の人が成功していることは、やり方を真似して試せば、自分にもできるはずです。

このあと、西野さんは趣味の時計の話しを例に、印象的なことをスピーチしていました。

人生の11時台

唯一その2つが交わらないのが11時台で、人生にも必ず空回りする時間、つまり、時計で言う「11時の時間帯」が誰にも等しく巡ってくる。いわば、陽の目をみない時間帯ですね。

そのときに、そういう時に耐え忍ぶことが大切だと説いています。

人生には、上手く行くときもそうでないときもある。
悔しくて自信を失うときもある。でもそれが人生。

将来は変えられなくても、いまに集中して、成功のために前進し続ければ、きっと、いえ、必ずその気持ちは報われます。

もし、その瞬間がまだきてないのなら、
粘りが不足しているだけか、成功するにはもう少し時間が必要なだけです

ここで諦めてはなりません。
断じて自分に見切りをつけてはいけません。
ここは歯をくいしばって踏ん張るときです。
人生には必ずこの瞬間が誰にでもやってきます。

残念なことに多くの人は目標を達す前に、自ら挑戦の舞台から降りてしまいます。

言い訳するなと、社会人は強く意識づけられますが、自分が出来ないこと弱さを他の出来事をもってきてそのせいにしているのが許せないだけで、言い訳そのものを批判しているわけではないのです。

挑戦とは、なにか?


例えていうならラグビーが分かり易いです。
トライを奪うために、
何度も何度も攻撃を仕掛け、
相手にディフェンスされても、
時間をかけ執拗に前へ前へひたむきに挑戦しつづけます。

その先にトライという目標を達成することができます。

自分の弱さを克服するには何度も何度もごつごつ行くこと!


人生は、ラグビーと同じですね。

まとめ

以上、まとめると、

成功をもぎ取るまで決して諦めず、足をとめず前進すること。

ときには涙にくれ、へこんで立ち止まりたいときもあるでしょう。
しかし、歩きながら泣けば前進できます。

そうすれば、過去の上手くいかなかった出来事は失敗ではなくなり、成功するために必要な要素であったと振り返れます。

つまり、
「理論上、人生には失敗など存在しない。だから挑戦しようや」というのは言い得て妙。

成功するまで続ける。

婚活もまずは「自分は成婚できる」という肯定の認識でスタートしましょう。
そうすれば上手くいきますよ。

婚活サロンSmile浦和
婚活カウンセラー 愛田 純也

愛田 純也

9,700 views

(当相談所について) 「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店で...

プロフィール

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。