#64 結婚はコスパが悪い

結婚をコスパで考察
女性向け

婚活は相手がいての話しなのに、自分の気持ちだけしか考えの及ばない婚活女性を多く目の当たりにし、これではいかんなと思い、
今回のブログは、「男性には結婚することのメリットはほとんどない」現実を婚活女性に知って頂くための内容にしました。

婚活女性には、男性がなぜ及び腰なのか、婚活に消極的なのかその理由を認識していただき、男性の心理を理解して、賢く婚活をして欲しいと思います。

結論

いきなりこの記事の結論からお伝えします。

女性に比べ、元来結婚意欲の低い男性は、結婚により得られる「経済的な」メリットはほとんどありません。このことをはっきり認識した男性は「一生結婚しない」という選択をすることになります。

これは男性の人間性に問題があるとかないとかの話しではありません。

常識的に考えると、「経済的に合わない結婚」という選択肢を選択しないという男性がいるのはむしろ当然です。

結婚して女性が得られるメリットは「経済的な余裕」

女性は結婚するのがベターです

これは確かにそうです。
我が家は共稼ぎですが、妻の給与ではとても家賃を払い、ひとりで生きていくには足りない額です。

結婚すれば、ご主人の経済的なバックアップが得られるので、婚活女性の両親が亡くなっても経済的には安心です。

なお、婚活の際の注意点は、
大企業勤務という理由で男性を選んでもリストラ対象の男性かもしれないので、「一人お金を稼げる男かどうか」の視点で男性をよく吟味しましょう。

とくに高学歴や大企業だけを「売り」にしている男性は、労働市場では「使えない」人である傾向が高いのでご注意を。 

さらに、女性には経済的メリットのほかに、結婚して子供という「ボーナス」が得られたら結婚にさらにうま味が増すので、結婚したい!という女性が絶えないのは理解できます。

結婚して男性が得られるメリットは「社会的信用」

「男は自分の城を持て」は、昭和の固定概念

一方、結婚すると得られる男性のメリットについて考えます。
ここを理解しているかどうかで婚活の成否が分れますので、相手についてよく知ることはとても重要です。

私の実体験から、
結婚する前と後では、結婚指輪をしているだけで、世間から「この方は家庭を持ったちゃんとした人だ」と見られているのがはっきり分かります。
これは独身のときには感じなかったことです。

ここで、
この記事のテーマは「コスパ」なので経済的観点からみると、
結婚すると、婚約指輪・ヘネムーン・挙式・新居・引っ越し・毎月の費用負担など考えると、男性が経済的に女性と結婚するメリットはありません。
自分の趣味に使えるお金など微々たるものです。最悪趣味は諦めるしかない男性もいるでしょう。

もともと男性は女性と比較すると、結婚意欲が低いので、さらにコスパの観点を加味すつと結婚のマイナス面がさらに膨らみ、結果として多くの独身男性は「だったら結婚なんてしない。独身のままが気楽だし、お金ももってかれないし気楽やわ。」という心境に至ります。

何を隠そう、私が30代前半のころはこのようなメンタルでした。
仕事が多忙で休日出勤とかもしていたので、出会いがなかった状況もさらに私の独身化を押し進めていました。

結婚のリアルな実態(男性の観点から)

男性は自分の時間もお金も空間も通常なくなります

婚活者は未経験なこともあり、結婚生活がどのようなものか、妄想がすごい傾向にありますが、
リアルなお話をすると、結婚は、日々、経済的な消費活動と精神の消耗です。

妻という「他人」と一緒に暮らすことで、精神的に安らぐどころか、すり減ることが多いのが現実です。

妻の機嫌、妻の親御さんやご兄弟の冠婚葬祭による経済的な出費も絡み、自分の自由な時間は奪われる一方です。

特に子どもが出来ると、妻は別人格のイキモノになり、強さ(存在感)を増します。妻子という可愛いモンスターに時間とお金を持っていかれるイメージです。

出産に伴い休暇を取ることで、当初期待していた共稼ぎの経済的メリットはどんどん薄れてきます。子どもが熱が出て早退、「早く引取りにきてくださーい」と保育園からの連絡などで、正社員から契約社員にされ、ボーナスももらえなくなります。

「ボーナス(プラスの側面)」は、稀に見せる妻子の笑顔だけです。

男性には結婚のメリットはほとんどない

果たして、妻子の笑顔のために多大なお金を支払ってまでして、女性と結婚したい男性がいるのか疑問です。
まともな男性なら結婚はしないでしょう。

おそらくこのようなリアルな情報が浸透していくことで、今後さらに男性の「結婚逃れ」に拍車がかかるような気がします。

「妻子の笑顔」にどれだけ充足感を覚えるかは人それぞれです。男性により異なります。まだ経験したことのない状況ですから予測もつかないので、結婚という「リスク」を選択する男性は少ないのが現状でしょう。

個人的には、それだけで結婚した意味がある価値のあることだと思っていますが、
多大なマイナス面(独身の時よりお金がどんどん出ていく、貯金ができない、自分の時間がない、精神的にしんどいなど)とのバランスを考えると、
綜合的に、男性からすると「結婚は墓場」といえます。

男性にとって、結婚することは女性ほどのメリットはないので、つまり「コスパは悪い」です。

※ コスパという言葉自体好きではないのですが、記事の執筆にあたり客観的に私の結婚生活を振り返って、経済面から結婚を見る表現として使用してみました。

女性は結婚という選択をするのが大正解

出産すると人生の景色が劇的に変わります

女性は結婚すると、子供の頃から結婚にあこがれをもつ女性の特異な社会環境、結婚による経済的メリット、さらに上手くいけば子供ももて、結婚は女性に多大なメリットをもたらします。

法的側面では、「配偶者」になることでかなり優遇されますし、亭主が先に逝けば不動産という資産(寝ぐら)も合法的に手に入ります。
つまり、
独身女性にとって結婚は年収の高い男性を見つければ、人生「上がり(成功)」となり必死になる理由が分かります。

まとめ

結婚は、コスパ(経済的観点)から見ると、女性にメリットはあるが、男性にはないのが現状です。

(もちろん所得の凄い高い女性もいるでしょうが、一般的ではないので本論からは除外します)

結婚によるメリットは男性・女性で「利益が相反」しているのが分かりますね。
お互いの利益がほとんど一致しないのですから、マッチングがいかに難しいかお分かりになるでしょう。

女性には「男性が結婚にメリットを感じていない」ことを理解の上、賢く婚活をしましょう。

具体的には、
男性のデメリットは多々あり、それらはどの結婚した家庭にも避けられないことなので、
婚活女性は、「妻子の笑顔」に物凄く価値を置いている男性を見つけるのが正しい婚活の仕方となります。


あっ
答えいっちゃった (^-^;

それではまたブログでお会いしましょう。

婚活サロンSmile浦和
婚活カウンセラー 愛田 純也

愛田 純也

9,596 views

(当相談所について) 「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店で...

プロフィール

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。