#8 結婚生活を具体的にイメージしたことはありますか?

男性向け

みなさん こんにちは。
婚活カウンセラーの愛田 純也です。

3連休の中日、いかがお過ごしですか?
久しぶりの男性向けブログになります m(__)m

さて今回は、結婚すると生活はどう変わるのか?を男性の既婚者目線で書いてみたいと思います。

私自身、独身のときは、
当然結婚生活というものがどうなのか、まったく未知の世界でしたので、
独身男性にお役に立てるよう包み隠さずお話ししたいと思います。

まず、

A.結婚して良かった点

  1. 愛するといつも一緒にいられる。
  2. 愛する息子といつも一緒にいられる。
  3. 共稼ぎなので世帯年収が増え、一人暮らしより経済的に余裕ができた
  4. 結婚指輪を付けていることで、社会的信用(仕事面等)を得た
  5. 結婚したので、街を歩いても職場でも他の女性を“異性”として感じることがなくなった。
    独身男特有の “飢え” のような感覚がなくなり、精神的なゆとりを得た感覚です。)

B.結婚して失った点

  1. 自分の自由な時間がなくなった。 
    仕事疲れで「やばい、マジ休みたい。ベッドでうだうだしたい」と思うときほど、妻子のイベントや風邪などで病院へ連れて行ったりと、自分の時間をコントロールすることが難しくなります。
    でも、共稼ぎのため、妻も私以上に睡眠不足で疲弊しているので、これをデメリットとか言ったら殴られそうです(笑)

Aをメリットとし、Bはデメリットと捉えるならば、
その数からして、
「結婚するメリットの方が多い」という結論に至ります

厳密には、
結婚をプラスとマイナスで計るような考えは間違っていると思いますが、
私は幸いにもプラスの方が多い結婚生活を送っています(結婚5年目)。

結婚しないと気づかないこと

結婚すると「精神的な充足感」「人生の違う側面を経験する」ことができ、
人生が充実する(彩を帯びてくる)ことは確かです。

  1. 精神的な充足感とは、好きな人と家族になるという満足感です。
  2. ・人生の違う側面を経験するとは、子どもが出来たり、また、出来なくても夫婦で生きる悦びがあります。
    独身では体験できないことがたくさん経験できて、世界観が確実に広がります。

人生でひとりは孤独との闘い

私自身、結婚前は、
目黒区での一人暮らしや、2回の地方転勤を経験しましたので、
一人で生活することの味気無さ、
週末ひとりで話す相手もいない孤独感

は身に染みて分かります。

このブログを読んでる方にも、そのような状況にいる人は多いのではないでしょうか?

男性は婚活市場で女性より有利というのは錯覚です

相対的に、
男性は女性より「婚活市場では優位」と言われていますが、「出産という期限」のプレッシャーがないので甘えている(現実を軽んじている)だけです。
(私もそうでした。。)

女性が真剣なのに、男性が本腰を入れていないケースが多く、そのような
「中途半端な気持ちの男性は、婚活市場にいないで欲しい」
女性が願っている現実を知ってください。

まとめ

結婚しないと分からないことや、気づかないことだらけなので、正直な所、
結婚しないと具体的なイメージはできません。
それなので、このブログのタイトルは「違うんじゃね?」と思われた方もいらっしゃると思います。

しかし、
男性は女性のように「出産という期限」のプレッシャーがないため、
結婚を具体的に考える習慣が欠如しています。

この結婚を具体的に考える習慣が欠如としているとどのような状態に陥るのか?
を深掘りすると、
女性との結婚後の生活(どこに住むなど)について、普段から何も考えてないと、女性は感が良いので完璧に「あっ こいつ真剣度がないな」と見透かされます。

結婚生活と違い、
婚活では、一度女性をがっかりさせたら「さようなら」されるので、敗者復活戦はないだ、ことを頭に叩き込んで下さい。

これを契機に考える習慣をつけていきましょう!

(自戒を込めて)

婚活サロン Smile浦和
婚活カウンセラー 愛田 純也

愛田 純也

9,700 views

(当相談所について) 「婚活サロンSmile浦和」は埼玉県さいたま市浦和区に所在する日本最大の結婚相談所 株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)の正規加盟店で...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。